教室案内

尾崎教授あいさつ

尾崎 行男

藤田医科大学
岡崎医療センター循環器内科 教授

尾崎 行男

Yukio Ozaki

■専門分野
虚血性心疾患、心筋梗塞や狭心症のカテーテル治療(インターベンション治療)
■略歴
1981年 名古屋大学医学部卒業 安城更生病院勤務
1991年 愛知県済生会病院内科勤務
1992年 オランダ エラスムス大学胸部疾患センター勤務
1996年 愛知医科大学循環器内科
2004年 藤田保健衛生大学病院
2011年11月 カリフォルニア大学アーバイン校 客員
2011年5月~2015年1月 藤田保健衛生大学病院 副院長
2014年4月~2015年1月 藤田保健衛生大学医学部 教務委員長
2016年2月~2019年1月 藤田保健衛生大学病院 副院長
2020年4月 藤田医科大学岡崎医療センター 教授

地域連携と循環器救急を重視した岡崎医療センター

藤田医科大学循環器内科の尾崎でございます。2004年に藤田医科大学本院に赴任以来、皆様には大変お世話になりました。2020年4月より岡崎医療センター循環器内科教授として赴任することになりましたので、今後ともよろしくお願いいたします。 岡崎医療センターは藤田医科大学の本院、ばんたね病院、七栗記念病院に続く4番目の附属病院で、2020年4月に開院いたします。循環器二次救急と紹介外来を中心に地域連携を重視した医療を提供することで、地域連携を重視し、外来入院とも、診断や治療後は紹介元の開業医の先生に戻ってもらうことを原則に医療を進めて行きます。

岡崎医療センターには、非侵襲的に短時間で冠動脈の精密検査ができる320列CT、心臓超音波検査装置、血管造影装置など高度な検査装置を導入。中でも血管造影装置は2台とも高い空気清浄度のハイブリッド手術室に配置されて、一定以上の循環器診療の提供が可能となります。ただ、当初心臓血管外科がないことから、急性大動脈解離などの外科疾患や高度な生命維持装置(IMPELLA、LVAD)などを必要とする血行動態の破綻した急性心筋梗塞は3次医療機関に送ることになり、「ショック状態に陥っていない急性心筋梗塞や、生命維持装置を着ける必要のない心不全や、不整脈などが主な対象疾患」になります。

今回、岡崎に赴任するのは坂口先生、橋本先生、吉木先生、野村先生、宮島先生、私の6名と限られた人数であり、また高度なPCIやAblationはできないことから、これらの患者さんは本院で治療する必要性から、若手も私も今後も本院にも出入りいたします。また同時に本院からもサポートを皿井先生、谷澤(元山)先生、山田先生などから受けて運営して行く予定です。いずれにしろ2020年4月からは本院の循環器内科Iとばんたね病院の循環器内科IIは統合され、本院に来る井澤英夫教授が主任教授となり、ばんたね病院の渡邉英一教授、岡崎医療センターの私の3人でまさに毛利元就の3本の矢のように協力して藤田医科大学循環器内科を盛り上げて行きたいと思っております。今後は、藤田医科大学病院、ばんたね病院に加え、岡崎医療センターも宜しくお願いいたします。